サービス ブログ 音楽

BeatStarsで楽曲販売の登録をしてみた。

投稿日:2020年2月2日 更新日:


 

最近よくみかけていたサイトで気になっていたので登録してみようと思います。

このサイトは楽曲が欲しいボーカル・ラッパーがトラックを探し購入、またはその逆で楽曲を使って欲しいトラックメイカーが販売できるサイトになってます。

 

今、【 Type Beat 】という手法が流行っているらしい。

要約すると、市場が大きくなったし個人でも音楽を発信できるようになった事で楽曲(トラック)不足が起こっていてトラックメイカーとラッパーをマッチングするような形で音楽活動を行うということらしい。

 

これはなんとなくわかる気がする。

自分の周りにもラッパーをやっているって人はよくみかける。

同じくらいにDJや、ダンサーがいる。

 

ただトラックを作っているとなるとものすごく数が減る。

地方だとこの現状を実感している方も多いのでは?

 

 

まだ音楽をやる土壌やコミュニティがあればマシだけど、地方で少数でラッパーしかいない、趣味嗜好が合わない、知り合う機会がないなどの場合はこういうサービスはうってつけだと思う。

  

今回は僕の場合はトラックを作っている側なので提供側で登録します。

楽曲を探しているボーカル・ラッパーの場合はコチラを参考にしてください。

 

(mcknsyさんへのリンク)

Type Beat(タイプビート)の購入方法:BeatStars編

  

 

早速登録してみます。

※始める前に「Stripe」でのオンライン決済を行えるようにしておいてください。

 

BeatStars

 

まだ何もやっていないのでTOP画面の右上、【SIGN UP】を選択。

 

 

🔍マークがトラックを探している場合

〈I want to listen & buy music〉音楽を聴いて購入したい。

 

今回は提供したい側なので右の$マークを選択。

〈I want to monetize my music〉音楽を収益化したい。

 

次に〈Bill monthly〉毎月請求か〈Bill yearly〉毎年請求を選ぶ。

 

フリープラン(無料)、マーケットプレイスプラン、プロページプランから選べるのでその料金の請求のタイミングを選べます。

 

今回はお試しで登録してみるので〈FREE〉プランを選びます。

 

すぐ下にプランの詳細が記載されています。

 

ちなみに毎年請求を選択すると…

毎年請求の場合の割引が確認できます。

 

先ほどの画面と比べるとわかるのですが

〈マーケットプレイスプラン〉毎月請求$9.99×12ヶ月=合計$119.88

              毎年請求では$95.88

 

〈プロページプラン〉   毎月請求$19.99×12ヶ月=合計$239.88

                 毎年請求では$179.88

 

ガッツリ取り組みたい場合や、制限なく使いたくなった場合は有料プランを選びましょう。

  

フリープランでGet Started。

 

サインアップする方法を選びましょう。

僕はGoogleアカウントと連携させようと思ったのですがなんかうまくいかず。

メールアドレスでサインアップすることにしました。

 (認証用とログイン用でいるみたいです)

 

 

・ユーザーネーム

・自分のアドレス

・パスワード

・パスワード(確認用)

 

入力を終えて次に進むと最終確認画面に。

※直訳

(複数の支払いゲートウェイを使用してサブスクリプションの支払いができ、いつでもキャンセルできます)

【Subscribe】で進みます。

 

コンプリートプロファイルに進みました。

ここで個人情報的なモノを入力。

・名前

・姓(名字)

・表示される名前

・住所

 

※直訳

①(心配しないでください。これらの設定は後で変更できます。)

②(ヒント:姓と名はライセンス契約に使用され、表示名は市場で公開されている名前【Display Name】になります!)

 

street:番地など
city:市町村
state:都道府県

(基本的には日本と逆で狭い範囲から記入していけば大丈夫です)

 

《 例 》

岡山県津山市田町19

street: 19 Tamachi
city: Tsuyama
state: Okayama

よくわからない場合はコチラ JuDress 住所→Address変換

 

 

次はプロファイルのカスタマイズです。

※直訳

①(心配しないでください、これらの設定は後で変更できます)

②(いくつかの言葉で自分自身を説明してください。)

③(ヒント:ユーザー名はカスタムURLの末尾になります。オーディオタグをアップロードすると、ストリーミングビートが盗まれることを防ぎます。)

 

・USERNAME

これがBeatStarsでの自分のアカウントの表記です。

・BIO

ここに自分自身の説明を記入。

経歴やどんな音楽を作っているかなど。

・Upload avatar

プロフィールに表示される画像です。

アー写など自分とわかる画像をアップロードしましょう。

・Upload Voice Tag

購入者は販売している楽曲を視聴することができます。

悪い奴は再生を録音して無断に使うかもしれません。

このボイスタグはそれを防ぐためのものです。

 

再生される時に音源に被って再生されます。

※写真はイメージです。

 

コネクトペイメンツ。

売り上げなどの決済を紐付けします。

まだオンライン決済に登録していなければ作る必要があります。

・Paypal(※)

Stripe

 

※自分はPaypalアカウント(ビジネスアカウントになっているはず・・・)

なんですがうまくいきませんでした。

調べたところ日本のPaypal決済は現在まだ対応していない模様。

 

ただ本当にそれが原因かわかりません。

 

しぶしぶもう一つの決済方法【Stripe】に登録してみることに。

 

うまくいったかわかりませんがチェックが付いているので大丈夫と思いたい!

 

「Start uploading your beats now」に進みます。

ようやく利用できるようになりました!!!

しんどかった・・・。

 

今日はここまでにしときます。

 


-サービス, ブログ, 音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

耳クソが詰まった話

つい1ヶ月ほど前の話。 1週間ほど右耳がガサガサ音がしていてその都度耳かきをしていたのですが、あまり取れた感じがせず、繰り返し耳掃除を繰り返していたんですが。 どうしても気持ち悪かったので 「絶対とっ …

tunesCORE JAPANから配信した楽曲をTik Tokの公式に登録してみた。

以前、自分で作ったオリジナルの楽曲を個人で配信した話を書きました。 tunesCORE JAPANを利用してみた。 なんと、配信した楽曲をTik Tokの「 楽曲を選ぶ 」の中に登録することができます …

kiki vivi lily

kiki vivi lily(キキビビリリィ)福岡出身のシンガーソングライター。   もともとはアコースティックな音楽を軸に活動していたらしいのですが、改名してからはジャンルレスに作品を作られています …

Lineの「OpenChat」ってなに?

つい最近SNSでよく見かけるようになったLineOpenChat。   Lineの公式サイトに飛んでみると始まったばかりのサービスらしい。 っと思ってApp Storeに探しに行ってもそんなアプリはな …

ユトリデラックス誕生秘話

誰も興味ないだろうけど… 正直この名前については後悔している。   ただもう今から変えるのも面倒くさいしこれを源氏名にしていく。 最初はDJネームみたいなのを付けようとしていたのが始まりで …

link
link
コチラ
コチラ
コチラ