サービス ニュース ブログ

山下達郎がライブ映像をネット配信!ところで「MUSIC/SLASH」って何?

投稿日:


なんと山下達郎さんがライブ映像をネット配信

 

まさにビッグウェーブ!!!

山下達郎さんが初のライブ映像をネット配信するというニュースが飛び込んできました!とうとう山が動いた…そんな感じを受けます。

 

7月30日(木)20時から⾼⾳質動画配信サービスの『MUSIC/SLASH』 のこけら落とし配信というもので『TATSURO YAMASHITA SUPER STREAMING』が行なわれます。

やはり今、コロナウイルスの影響で音楽のライブなどかなりダメージを受けていますよね。(大きいところでいうとフジロック中止など)

普段の山下達郎さんはやらなそうな事ですよね。

ライブも国内でしかやらなかったり、あまり顔出しもしなかったり。

毎回ライブの抽選を外していた方は嬉しい事かもしれません。

 

今までもヒット曲を数々出していて、最近でもシティーポップブームが再燃して若い世代国内外問わず聴かれているような存在ですね。

 

ところで観たいなぁと思ったけど

「どうやってみるの?

って思った方は多いんじゃないでしょうか?

 

MUSIC/SLASH

高音質動画による動画配信サービス。

よくみかけるプラットフォームとはまた違った配信サイトです。

こちらのサービスは今までと違った高音質での配信と、配信動画の保護(転載やコピー)に力を入れているようです。

いつでもネット環境があれば音楽を聴ける状態になって【タダで聴けて当たり前】みたいになってますよね。

うまく活用しているアーティストはいいかもしれませんがそうじゃないと完全に今後は道がなくなってしまいます。

 

そういったところへアプローチをしていきたいという試みのようです。

ただこういったサービスってなかなかうまくいかないんですよね…高音質で聴けるハイレゾ関係も一部ユーザー以外には拡まってませんし、そこそこの音で素早く便利に聴けるモノが主流になってきてますし。

 

ただ山下達郎さんのような方々がこのサービスを利用していって当たり前になって市場ができればいいですけどねぇ。

 

すいません、話がだいぶそれました………

視聴方法

・イープラスでチケットを購入する。

すると視聴に必要なパスワードや視聴会場であるURLなどがもらえます。

・MUSIC/SLASHのネット会場で視聴できる。

通常のライブでいえばチケットをもぎってもらうところがパスワードを入力するに変わると思えばわかりやすいかなぁ。 

 

こんな感じですかね。

 

ネットでチケット購入などしたことがない人でも見た感じ表示された手順に沿っていけば難しいことはないんじゃないですかね。

 

山下達郎ファンからすればどんな難関も乗り越えるとは思いますが(笑)

 

詳細は7月12日(日)のラジオ番組【山下達郎サンデーソングブック】で発表されます。

ラジオの聴き方がわからない方はこちらの【ラジオの聴き方をを調べる】をご覧ください。

 

チケット購入はコチラ【イープラス

視聴環境はこちらで確認ください【MUSIC/SLASH

 


-サービス, ニュース, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Tik Tokの光シリーズ2 ~連続おすすめ~

あの屈辱から・・・。 1日。 あの出来事を受けてからすぐに考えついちゃったことが。 「おすすめ乗ったけどファン増えなかったぞ!!!」 っていう動画を作ろうと思いました。 パッと思いついたもんは仕方がな …

Tik Tokの闇シリーズ2 ~おすすめ~

よっしゃ!Tik Tokデビューも果たしたし、明るいブログを書くぞ!!! そう思った矢先 「あれ?これってどうなの!?まじか・・・」 そんな気分にさせられる出来事が。 Tik Tokって僕みたいなオッ …

半年続けたブログのPV数を公開するよ!

岡山の情報を発信するブログを3月末からはじめて6ヶ月(半年)くらい経ちました。   おかげさまでこの「yutoridx」ブログはほとんど放置していました(笑)   それでは早速、 一体どのくらいのアク …

今更ながらSpotifyに登録した。

レコードからデータで買うことが主になってきていたのでサブスクは使ってなかったのですが、このブログに来た方にすぐに聴いてもらい興味を持ってもらいたいし、YouTubeで他人があげてる動画を貼り付けるだけ …

SNSアプリPoplleがアップデート!?

あの日以来まったくログインしてなかったのですが… Poplleの無断転載ユーザーを通報してみた 久しぶりに覗いてみるとなんと動きがありました!!!   「いいね!を消費せずコメントができる …

link
link
コチラ
コチラ
コチラ