ブログ 生活 音楽

自宅スタジオへの道 ~その1~

投稿日:


少し環境が変わったので部屋を改造する事にしました。

 

まず、家の前には田舎レベルですがそこそこの交通量のある道路があります。

夜になればほぼほぼ車の往来はありませんが元々部屋自体が防音されていないため音が気になります。

夜間の大型トラックやマイルドヤンキーのバイクをふかす騒音など…。

 

また、自室から外部に出る音も抑えたいと思いました。

なので基本的には防音対策を図ることに。

大規模な業者による工事などはできないので(予算がない涙)自力でやろうと思います。まぁ、失敗を繰り返せば自分の勉強にもなるし良いかなぁと…。

 

そこで簡単に買える防音に利用できそうなものを片っ端から集めてみました。

 

遮音シート

 

近くのホームセンター(資材コーナー)なんかでも手に入る遮音シート

建築関係のメーカーが販売しているものです。

 

すでに使用しているので画像は小さいものしかなかったですが販売しているモノは幅1m×10mで約4000円くらいで手に入ります。

巻物のように巻かれていました、結構重量があります。

素材自体は遮音性に優れていそうですが結構薄い商品です。

なので逆に加工自体はしやすいですね。

 

カーペットタイプのタイル型シート

 

こちらもホームセンターなどで手に入ります。

50cm×50cmのタイル状になっていて組み合わせていくことで広範囲に使えます。基本的には床に敷くことで足音などが響かないようにという用途ですがそれ以外にも使えそう。

 

ここで注意点、ゴム付きのモノを選んでください!

 

シートのような薄いモノよりもやはりゴムが付いている(重量がある)モノの方が効果が望めます。

というかただ柔らかい素材では遮音効果はないし吸音効果も素材的にほぼないでしょう…。

よく言われるのが遮音に関しては重さに比例する(素材の密度など)というのが定説のようなので重い素材にした方がいいでしょうね。

ただ加工自体の難易度が上がるので自分に合ったものを選んでください。

このゴム付きタイル自体はカッターナイフやハサミなどで容易に加工できるので使い勝手はいいです。

 

一枚だいたい300円くらいで売ってます。

 

ウレタンフォームマット

 

低反発の寝具用のマットレス。

こちらは窓から入ってくる音&部屋から出る音を防ぐ為に購入しました。

これは吸音素材です。

 

なので音を分散させる効果が見込めます。

部屋の窓が少し出窓のような作りになっているのでそこにはめ込もうと思い購入。窓枠の高さはちょうどピッタリ!横が少し長いので中のウレタンをカッターナイフでカット。

はめ込むだけなのですでに実施してみましたが明らかに車の音などが静かになりました!やはり窓から入ってくる音が騒音の原因の大半なのだと実感しました。

(外からの冷気の侵入も少し下がったように感じます)

あとは遮音できればさらに騒音が減らせそうです

 

窓にはもうちょっとテコ入れをしようと思っています。

 

ロックウール化粧吸音板(天井材)

 

オフィスなどの天井に使われる化粧材です。

こちらはロックウールなので吸音効果のある素材になっていて響く音を抑えてくれます。

 

結構軽いので取り扱いやすい気もしますが貼り付け方法によっては剥がれたり、素材自体がモロいので加工はしにくいタイプかも…。

30cm×60cmのモノを購入しました(おそらく定番サイズ)

こちらもホームセンターで購入。

 

一枚300円くらい。

 

ウレタンフォーム

 

こちらもホームセンターで購入。

ズバリ、ウレタンフォームの素材です。

 

これには種類があって、柔らかいタイプ、硬いタイプ、薄いタイプ、分厚いタイプとあります。

これに関しては柔らかいタイプは除外。

ほぼ効果はなさそうなので、できれば硬くて分厚いタイプがいいでしょう。

ただそうなると結構な値段になるので気を付けましょう。

こちらは硬いタイプで厚さ2cm×50cm×50cm。

1500円から2000円。

 

音楽用のウレタン吸音材

 

よくネットとかで目にする感じの吸音材です。

こちらはAMAZONで購入しました。

目的は主に音楽を作る用、モニタースピーカーからの音を正確に確認するため用です。

 

 

50cm×50cmで一枚500円くらい。

20枚セットを購入しました。

 

 

届いたモノは真空パックされていてコンパクトになっていました。

 

 

袋から出して1日くらい放置すると元通りの形になりました。

 

正直、見た目に反して触った感じかなり柔らかいし効果は薄そう…

必要な箇所にピンポイントに設置するというより部屋の音の反響が起こりそうな場所全体を覆うように使わないと効果は引き出せないかもしれません。

 

とりあえずモニタースピーカーの背面を覆うように設置してみました。

劇的な変化は見られませんがボーカルの音など高〜中域は前よりもディスプレイモニターの前に出てきて鳴っているような感じになったと思います。

低域の音はあまり変化せず。

 

まぁ仮設置なのでこれでいいかなぁ?

今は試行錯誤しながら設置しているのでまたいい結果が得られればブログに書きたいと思います。

 


-ブログ, 生活, 音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【TASCAM DR-05-VER3】すぐ始められる設定

前回購入と開封レビューしました。 【TASCAM DR-05-VER3】購入・開封・感想。 今回は設定を紹介します。 説明書をみながら設定もできますがかなり詳細に書いてあるので意外に時間がかかってしま …

山下達郎がライブ映像をネット配信!ところで「MUSIC/SLASH」って何?

なんと山下達郎さんがライブ映像をネット配信   まさにビッグウェーブ!!! 山下達郎さんが初のライブ映像をネット配信するというニュースが飛び込んできました!とうとう山が動いた…そんな感じを …

勢いだけで【ROUTER.FM】を使って楽曲配信手続きしてしまった。

ROUTER.FMから楽曲を配信   最近急激に増え始めている「音楽配信代行サービス」。 なんか調べているだけだったのに勢いで楽曲の配信手続きを済ませてしまいました(笑)もともとはtune coreを …

Tik Tokの闇シリーズ3 ~切り捨て~

こんにちは・・・。 単刀直入に言いますと見たくないモノを目にしました・・・。 ビデオに自動的に音楽を付けるためにTikTokはJukedeckを買収か おいおい・・・。 音楽系のクリエイターを締め出す …

100日後に死ぬワニをパクりました。

Twitterでバズりまくっている「100日後に死ぬワニ」 「100日後に死ぬワニ」75日目 pic.twitter.com/21WDdAqK7A— きくちゆうき (@yuukikikuchi) Fe …

link
コチラ
コチラ
コチラ