車のキーの電池切れ(交換)

ブログ

夜帰ろうとした時、キーの解錠ボタンを押しても反応なし。

 

確かに最近反応が悪かったけどここまで時間がかかることはなかった。

仕方なくオフラインのアナログな鍵でを使いドアは開いた。

しかし、なぜかエンジンがかからず一人慌てる。

滅多にこのカギを使うこともないので焦ってよくわからなくなってた。

 

しかも駐車場の施錠時間ギリギリだったので速くでないといけない状況。

再び従来のやり方に戻りキーレス方式でトライ。

するとようやくエンジンがかかった。

 

もうこんなのは御免だ、そう思ったので帰りの便で電池を購入。

コンビニに売ってたようなわずかな記憶をたどった。

 

 

一番近くにあったセブンイレブンで購入。

CR1632というのが型みたい。

他にも大きさが異なるものがあるので自分のキーにあったものを調べて注意して購入しないといけない。

 

 

開け方がメーカー、年代、車種で色々あってちょっと時間がかかった。

自分のキーは上にキーを外すツメがついてるタイプ。

 

ツメを矢印方向にスライドさせた状態でキーが引っこぬけるようになる。

まずキーを外さないと電池交換できないのでキーを抜いておく。

 

ここからがちょっとわかりずらかった。

キーを抜くときに使ったツメを再びスライドさせた状態で矢印方向にスライド。

黄色い線を境に外れる。

青い線の部分にマイナスドライバーを差し込みながらするとやりやすい。

 

外れた。

そして汚い・・・、ついでに掃除もしよう。

 

電池部分を発見。

4つ角にプラスドライバーで止められている。

 

フタにちゃんとCR1632と書いてた。

細いものが入る隙間があるのでマイナスドライバーを使ってフタを引っぺがす。

 

新しい電池と交換する。

(セブンイレブンの電池だけではないと思うけど、電池の梱包が厳重になっているのでハサミとか使わないと開けられない。)

 

ついでに掃除もして完了。

 

お疲れ様でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました