🎵【カバー】Minyo Cumbiero – Cumbia del Monte Fuji

・カバー

Minyo Cumbiero 】 

 

最近ゲーム音楽をちょこちょこ聴くようになってた。

 

ファミコンくらいから2000年代くらいまでのそこそこ新しいモノまで。

3和音(+ノイズ)の制限ガチガチの状態から作られた音楽と、歌や声まで入れることができるようになった音楽までがごちゃごちゃしていて面白い。

 

あの音出したいけど物理的に無理だから工夫を凝らして無理やりピッチを変えたり、切り刻んだりして表現してしまえ!みたいな曲もあったり、また、ゲーム音楽はゲームあってのモノなのでデータ自体軽くしてあって(処理が遅くなる)チープとまではいかないけど軽いモノになっていたり。

 

自分でも作ってみようと思って、何がいいかなぁと思ってオリジナルのモノからカバーまで作ってみていてた。

南米とかの曲をアレンジしてみるとどうなるかなぁという軽い興味本意で

Frente Cumbieroさんと民謡クルセイダーズさんの「Cumbia del Monte Fuji 」をカバーさせてもらいました。

 

ガチガチに8Bit音源というわけではないけどなんとか作ってみた。この音の出し方はどうやるかを調べるところから(笑)

 

 

発信力も弱いので今までこんなに聴かれたことなかったのでビックリした!

ご本人に聴いてもらえるという貴重な体験もできた。

 

基本的に打ち込みでしか曲を作れないのでどうアレンジすればいいのか勉強になった。一人で最後まで楽曲を作っている人はみんなそうだと思うけど「一人オーケストラ」をしないといけないし、楽器などの知識を音で補わないといけない。

バンドもののカバーとなると不規則な音は多く出てくるからそこを打ち込みでなるべく表現できれば面白いなぁ、多分自分はこういう間を埋めたりバリエーションがある音造りが全然足りてない。

 

チープなのにいい曲はいっぱいあるし、それに近い作り方ができればもっと面白いものが作れるような気がする。

 

Minyo Cumbiero

コメント

タイトルとURLをコピーしました