あの頃の自分に伝えたい事。

ニュース

過ちを繰り返していた自分

 

もの心ついてから何年の月日が流れただろうか…

今おもえば必然だったのかもしれない気がする。

 

もし、あの頃の自分に今の自分が何か伝える事が出来ればどれだけよかっただろう…。

もちろん、過去の記憶を忘れる事で人間は強く生きていけるようになっている。

だた、忘れちゃいけない事もある。

 

この事を忘れない為にも、ここに書き残しておく事が大事だと思った。

わかっているのに変われない自分がいる。

多分、これを読んでいる中にも同じ事を考えて日々過ごしている人もいるだろう。

 

長くなりました。

それでは本題に入りたいと思う。

あの頃の自分に伝えたい事…。

 

パスワードは覚えやすいものにしておけ。

何回忘れるんだ?

 

最近では自動入力してくれるようになっているサイトやSNSのアカウントを紐付けしたりしてくれるサイトも多いけど、忘れてしまった時や本人確認の際には大変な事になる。

しかし、ここ数年、安易な「パスワード」は弾かれるようになってしまった。

例えばユーザー名が含まれているとか、誕生日とか、短すぎるとか。

 

もちろんそこに順応するために必死で何が正解なのか?とパスワードを考えているけれど、考えれば考えるほどに沼にはまってしまう。

そう、あの時考えて弾かれてしまったパスワードにも囚われてしまい迷宮入りしてしまうのだ。

それが複数サイト存在する。

まさか墓場まで持っていくパスワードがこんなにもたくさんあるとは…。

 

もちろん謎が解けないまま決別してしまったサービスも多数ある。

 

また、メールアドレスにも同じことが言える。

高校生の頃はキャリアのメールアドレスだけだった。

 

何も考えずいられた。

盗んだバイクで走り出した感じがあった。

 

それが今はどうだろう?

フリーメールやSNSのメッセージ、独自ドメインアドレス、LINE…。

 

僕はとっくに迷子になっていたのかもしれない…。

あの時気付いていたら、メインで使うメールアドレス、パスワードを一本に絞っていればどれだけ生きやすかっただろう?こんな悩みも抱かなかったはずだ。

 

パスワードを忘れてしまった回数を総合するとどれだけあるだろうか?

間違いなく100回は超えている、300回も超えてる、もしかすると500回くらい忘れている。

 

現状忘れているサービスのパスワード。

恥を承知でここで暴露しようと思う。

 

これで少しばかり心に平和が訪れることを願って。

 

ゆうちょ銀行の「ゆうちょダイレクト」

 

ネット銀行の使いやすさからwebで利用できる「ゆうちょダイレクト」に申し込んだ。確か書面で申し込みをして届いた書類に必要なパスワードや認証コードみたいなのが届いたはずだったが、もう忘れてしまった…。

 

それ以来、放置している。

憧れだった「ゆうちょ銀行のネット決済」

もう叶うこともないかもしれない、問い合わせればなんとかなるだろうけど。

 

「三菱UFJ銀行および三菱UFJダイレクト」

 

こちらも銀行のパスワードだ。

ネットバンキングが使えるし、便利そうだと思った。

また憧れてしまったのだ…。

 

こちらも無事にパスワードがわからなくなった。

ログインできない。

それどころかキャッシュカードの暗証番号すら忘れてしまった…。

ATMで入力ミスを繰り返し、今は凍結されている。

まだ一回も決済したことがないのに。

 

問い合わせればなんとかなるだろうけど。

 

忘れてはないけど混同しがちなSNS

 

とりあえずTwitterとInstagram、Facebookなどはよく間違える。

 

「パスワード」は本当に難しい…

自分に関係したワードではわかりやすすぎるし、かけ離れすぎると一瞬で忘れてしまう。

誰かいい方法を教えて欲しい…。

 

最後にあの頃の自分に言っておきたい…

不便だけどなんとかなってるから許すわ〜。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました