10年前の「東日本大震災」について

ブログ

あれから10年。

自分は直接的にはこの災害を経験してはいない(岡山県民)だけど、かなりの衝撃だった。

近場でいえば「阪神・淡路大震災」の方が隣の県だし影響は受けると思うけど、当時はまだ幼かったし、寝ていたのでほとんど記憶がない。

オジが兵庫県の西宮市に住んでいるので親が安否確認で電話連絡していたのを覚えているくらい。

その後「体は無事だったけど家の中の家具などは全部ぐちゃぐちゃに倒れてしまった」と聞いた。

 

 

東日本大震災が起こった日、ちょうど仕事が休みでテレビを見ていた。

その時にニュースで地震が起きると報道していた。

それまではよくある規模の地震よりちょっと大きいくらいの感じで言ってたかなぁ。

 

その少し後に海の水位がかなり下がってきている映像が映し出された。

自分自身、沿岸に住んでいるわけではないので知識もなく、どのような状況かよく分かっていなかった。

その後、津波が到来。

 

本当にびっくりした。

どんどん量を増しながら広がっていく水。

自分の想像する津波は沿岸部に高い波が一気に押し寄せて引くいていくイメージだったけど全然違っていた。

遠く離れた安全な地域からテレビを見ていただけなのに心臓がバクバクした。

 

しかも一度ではなくまた退いてからまた押し寄せてくる。

時期もまだ雪が降るような季節なので大量の土石流と降り頻る雪と避難している住民の映像が今でも思い起こせる。

夜になってからは火災が発生して、停電中の町に赤々とした炎が所々燃えている映像が報道されていた。

 

避難が進む中で「福島の原発が爆発、メルトダウン」

本当に何が起こってるのかよく分からないほどだった。

連日、テレビでは広告を流す事ができないから「ACのCM」だけが流れ、報道のニュースばかりやっていた。

 

もうなんとも言えないというか、不安しかなかった。

当時はそんな感じでした。

 

 

それから数年後、岡山に「東日本大震災」をきっかけに移住されてきた方に何人か出会った。

ようやく実感が湧いてきた感じがした。

 

本当に当事者しかわからない体験だと思うし、あのことをきっかけに人生がガラッと変わってしまった人もいるでしょうし。

10年が経ったけどいまだに解決するわけでもなく、去年はコロナウイルスが全世界で蔓延。

 

本当にいつどうなるか分からない。

「喉元過ぎれば…」という言葉がある通り、良くも悪くも慣れてしまう生き物だと痛感する。

今の自分が正しいと思った行動をとれているのか?もう一度見直す必要があると思った。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました