岡山県民だけど「方言が怖い」と感じる件について。

ブログ

 

岡山県で生まれ、岡山県で過ごしているわけなんですが「岡山の方言」を怖いと感じ始めてから何年も経つ。(今はそこまでは思わなくなったけど)

自分は基本的に日常会話は敬語でまとめているので「標準語+方言」みたいな感じになっているからバリバリの方言を使う事はなくなった。

また、学生時代の同級生とも会うことも無くなり、今は趣味で繋がった人としか交流していない(バリバリの方言を使う人少なめ)。

 

なぜ方言が「怖い」と感じ始めたのか?(※個人の感想です) 

毎回「怒られているような気分になる」

 

これは勝手な思い込みだと思うけど、相手としては怒っていないのに怒っているように聞こえる事がある。

環境や状況、地域、様々あるだろうけどこういった経験をした事がある人は他にもいるのだろうか?

いわゆる「ネイティブな方言」と言えばいいのだろうか?攻撃的に感じてしまう傾向にある。

 

ぶっちゃけ「岡山弁、広島弁、兵庫(播州弁)は怖い」と感じる

 

かなり偏見があるだろうけど個人的にこの辺りの方言は怖いと感じる事がある。

「言葉が汚い」とされている地域でもあるし。

 

しかもこの辺りの人達はわりと近い地域なので人の行き来が盛んだ。

なので「ミックスされた方言になる」のでニュアンスの違いが汲み取れず、怖いと感じてしまうのではないか?と個人的には思っている。

 

もちろんディスっているわけではないです。

が、恐怖を感じる事がたまにあるというお話です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました