「パンティーテックス」の意味を思考してみた。(島田珠代)

ニュース

 

自分が小学生の頃から学校から帰るとほぼ必ずみていた「吉本新喜劇

もちろん島田珠代さんがよく出ていた。

最近、そんな珠代さんが考案した「パンティーテックス」という舞が話題になっていた。

 

「パンティーテックス」とは何なのか?

 

おそらく人類が初めて直面した言葉だ。

舞の冒頭では「自分がパンティを履いていたか?履いていないのか?」がわからなくなってしまったのを確認するための作業としている。

なぜそう疑問に思ったかというと「布のあたりが弱い」と発言している。

確かに生地やサイズ、スタイルが様々なタイプの下着が世界には存在している。

 

肌に馴染みすぎて自分はパンティーを履いていないのでは?」ということでは決してないと上記の理由から推察できる。

 

「テックス」とは?

 

テックス(TEX)とは糸の太さを表す単位。または織物生地など布地の製品の商標名で使われたりする言葉らしい。

ということはおそらく【パンティーテックス】とはパンティーの生地を表す言葉のようだ。

確かに「パンティーテックス!」と発する際に「手を当てて生地を確かめている」ようなジェスチャーが入る。

 

「パンティーを履いているかどうか?」は自分にしかわからない。

 

結局他者には自分がパンティーを履いているのか?履いていないのか?はわからないのだ。

それは自分自身で確かめるしかない。

 

スイスの心理学者「カール・グスタフ・ユング」はこう言い残している。

内面で向き合わなかった問題は、いずれ運命として出会うことになる

カール・ユング

コメント

タイトルとURLをコピーしました